3ステップ無料動画プログラム | こころとカラダの栄養ダイエット

自身も15年の摂食障害を克服し、
20年間リバウンドなし。
栄養を味方にすることで、
ストレスを安心感に変えてきた
経験から伝える

痩せたい気持ちはそのままでいい
「安心して食べるほど幸せ体質の私」
に変われる方法とは?

※1分経過してもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダへ振り分けられているか、メールアドレス誤入力の可能性があります。

※携帯・スマホ等で「ドメイン設定」等をされている方は「@88auto.biz」を配信許可にご設定をしてから、ご登録をお願いします。

FORYOU

こんなお悩みありませんか?

  • 気が付いたら自分で食事のコントロールができなくなってしまっている。
  • いつも食べ物のこと、カロリーが頭から離れない。
  • 普通に食べている人が羨ましい。
  • 食べたいのに「怖い」という気持ちの方が強くて、食べれない。
  • 栄養を摂りたい気持ちはあるのに、それができない自分がいる。
  • 食べないようにすればするほど甘いものが食べたくなって止まらない。
  • イライラすると食べたくなり、でも太るのが怖くて吐いてしまう。
  • もう過食嘔吐が長年の癖になってしまっていて、やめたくてもやめられない。
  • 不安、恐怖心から過食・拒食を繰り返してしまう。
  • もう、こんなに辛く苦しいことから抜け出したい。
  • これまでも努力はしてきたけど、結局どんどん状態は悪化してしまっている。
  • ダイエットの失敗は数えきれない。
  • ネットやメディアなどもの情報に振り回されてしまって、こころが折れる。
  • まわりや家族の目が気になって自分の殻に閉じこもってしまう。
  • 太っている自分が嫌いでたまらない。
  • 痩せすぎているのはわかっているけど太りたくない。
  • 穏やかに安心して食事をとりたい。
  • 体重に囚われず、食事を楽しみたい。
  • 健康的な生き生きとした暮らしをしたい。
  • 何を食べたら良いのかが、わからない。
  • VOICE

    こころとカラダの栄養ダイエットを
    受講された方の
    喜びの声の一部をご紹介します。

    ※写真の掲載は、クライアント様の
    許可をいただいております。
    同じように悩む方の少しでも勇気になればと
    ご協力くださっています。

    摂食障害の方もできる

    ちょっとしたダイエットから拒食に
    その後、過食になって体重が増えて怖くて怖くて
    普通の食事ができなくなっていた

    -K/Yさん21歳(拒食・過食傾向)

    ※写真の掲載は、クライアント様の
    許可をいただいております。
    同じように悩む方の少しでも勇気になればと
    ご協力くださっています。

    私は拒食になってしまったのですが、その後アルバイトをはじめたことをきっかけに過食をするようになりました。ほぼ毎日の頻度で過食をしてしまい体重が増えるだけでなくメンタル的にもとても落ち込んでいました。毎日がとても辛かったです。

    そんな時にふみさんのことを知り受講しました。ふみさんは私の歩幅に合わせて寄り添ってくれました。いきなりではなく少しずつはじめられるところが良かったです。

    オンラインやラインで個別で相談ができることは、安心感や自信に繋がりました。栄養コーチを受けてから自分の食事に対するこだわりや不安がやわらいでいきました。そして、一番の悩みだった過食衝動も減って本当に感謝しています。

    カラダに良いと頑張り過ぎて
    「食」に囚われてしまうようになって

    -I/Yさん31歳(食の拘りと拒食・過食傾向)

    ※写真の掲載は、クライアント様の
    許可をいただいております。
    同じように悩む方の少しでも勇気になればと
    ご協力くださっています。

    栄養士さんのアドバイスを受けたいなと思っていたのですが、病院食のようなバランスきっちりな食事を強要される怖さ、お菓子や甘いものを禁止される怖さから躊躇していました。

    でも、ふみさんは、丁寧に質問に答えてくださり、そして、できる事、続けられる事からコーチをしてくださいました。私は食の不安が強かったので毎日ラインができたのは本当に良かったです。

    そして、食への拘りや恐怖心と上手に付き合えるアドバイスをしてくださり、とても前向きな気持ちになっていきました。本やネットからの知識で埋め尽くして「食」への恐怖心が増している方にもピッタリだと思います。

    10年以上に及ぶ過食嘔吐がなくなり
    生きやすくなりました。

    -S/Kさん30代(過食嘔吐)

    ※写真の掲載は、クライアント様の
    許可をいただいております。
    同じように悩む方の少しでも勇気になればと
    ご協力くださっています。

    ふみさんの指導で、私は私に一番必要だった安心感を得ることが出来ました。いつも何に対しても不安に思う事が多かったのですが、以前より軽く楽に考えられるようになって食べ過ぎても罪悪感を感じにくくなっていきクヨクヨすることも減りました。

    そして、辛かった過食嘔吐もなくなってきました。情報にも振り回されることなく栄養のことも腑に落としていけたことも良かったと思います。

    そして、正しく栄養もとれてきて随分と生きやすくなりました。ふみさんと出会えて本当に良かったと思っています。自分に自信を持つことができましたし、ふみさんの出会いに感謝しています。私と同じ悩みを抱えている方々にも安心して生きやすくなって欲しいと心から願っています。

    やめたくてたまらなかった数十年の
    過食嘔吐が止まり、思考もポジティブに。

    -M/Yさん40代(過食嘔吐)

    ※写真の掲載は、クライアント様の
    許可をいただいております。
    同じように悩む方の少しでも勇気になればと
    ご協力くださっています。

    特に摂食障害になるとダイエットやカロリーに脳は支配されて、どうしても自分の体への栄養ではなく食べたいのでもなく、逆に食べたいものすら食べたくないものへと思考がどんどんエスカレートし、体重を減らせるものしか受け付けない浮かばなくなっていると思います。

    ふみさんの栄養のお話を聞くことだけでも自分が何故、食べれないのか?栄養を知り、自分に大切な食べ物と理解するだけでも食べれないものが食べれるものへ変化して思考がポジティブになり、今はもう過食嘔吐はとまりました。実感を私のように感じたい方には是非、お勧めです。

    生涯抜け出せないかと思っていた過食嘔吐から
    過食なく食べれるものが増えてきました。

    -O/Mさん44歳(過食嘔吐)

    ※写真の掲載は、クライアント様の
    許可をいただいております。
    同じように悩む方の少しでも勇気になればと
    ご協力くださっています。

    私はもうダメで生涯治せないだろう。過食嘔吐を繰り返す毎日でした。ネットでいろんな摂食障害のカウンセラーさんのブログを見ては、自分もちゃんと受けて治さないと思うばかりで何度かチャレンジしても変わりませんでした。

    実はふみさんのコーチングを受講をしても治せる可能性に自信が持てなかったのですが、息苦しい毎日にどうしてもふみさんに助けてもらいたくて受講を決意しました。今までの生活では1日でも嘔吐しない日は来ない食べるものは吐くもの!だった私が、今は朝、昼ご飯や固形物の食事が出来るようになり、ふみさんからのOKをもらえると安心して少しずつからでしたが、食べれるものも増えて来ました。

    私はもう数十年摂食障害なので、もっと早くふみさんに出会えて食べることを味方にできていたら、こんなに長く苦しまなかったと思います。

    食べたいものが食べれるようになってきて、
    自分のことを好きになれそうです。

    -K/Yさん40代(偏食・拒食傾向)

    ※写真の掲載は、クライアント様の
    許可をいただいております。
    同じように悩む方の少しでも勇気になればと
    ご協力くださっています。

    食べることが本当は大好きなのに、太ることが恐怖で食べることが怖くて怖くて食べれませんでした。でも、ふみさんにコーチをしていただいて、今では食べたいものが食べれるようになったことが本当に嬉しいです。これからも有言実行ができたことが、これからも!って励みにもなり楽しみもできました。

    こんな風に考えられるようになった自分が好きになれそうです。栄養コーチングを受けて本当に良かったです。

    過食欲が格段に減り、食べ物が「美味しい」と
    感じられるようになった。

    -A/Tさん20代(過食傾向)

    ※写真の掲載は、クライアント様の
    許可をいただいております。
    同じように悩む方の少しでも勇気になればと
    ご協力くださっています。

    私は少し前から過食に悩んでいて、苦しくて食べたくないのに食べたり、泣きながらご飯を食べる事もありました。この状況を脱したくてネットで沢山調べた結果、ふみさんに出会い、過食欲も格段と減り、今では大分落ち着いています。

    何より、ずっと食べるのを禁止していた食べ物を普段の食生活に取り入れられるようになった事が凄く嬉しいです。そして、食べ物が「美味しい」と感じる機会も増え、以前より食に囚われないようになったので、凄く生きやすくなりました。

    食事は悪いものでは無く楽しむ事と教えてくださったふみさんには本当に感謝しています。今後も自分のペースで頑張って行こうと思っています!

    自身も15年の摂食障害を克服し、
    20年間リバウンドなし。
    栄養を味方にすることで、
    ストレスを安心感に変えてきた
    経験から伝える

    痩せたい気持ちはそのままでいい
    「安心して食べるほど幸せ体質の私」
    に変われる方法とは?

    ※1分経過してもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダへ振り分けられているか、メールアドレス誤入力の可能性があります。

    ※携帯・スマホ等で「ドメイン設定」等をされている方は「@88auto.biz」を配信許可にご設定をしてから、ご登録をお願いします。

    太りたくない。
    綺麗でいたい。

    でも「」に縛られるような
    生活から抜け出したい。

    はじめまして、平野ふみです。
    私は摂食障害の方やダイエットなどで「食」に囚われて悩まれている方向けのコーチングをしています。

    以前は食品会社・病院・介護施設で管理栄養士、主任介護支援専門員として献立作成、栄養価計算、講師などの仕事をしておりました。

    チームの中で栄養に携わることも介護に携わることも本当にやりがいもあり、数十年間「この仕事は天職だ!」と思ってこれまで多忙であっても身を粉にして仕事をしてきました。

    しかし、そんな中、さかのぼること思春期の頃の摂食障害の時期は潜在意識にも悩まされて、生きづらい時もありました。

    でも、持ち前の「ハングリー精神」で私は何とか乗り越えてはきましたが、過去に肉親が心の病気を患ったこと、そして結婚して家族でも同じように「こころの栄養不足」で苦しむ姿を目の当たりにして、

    ただ「辛いことを自分の中だけでがんばる!」ことだけが正しいことではない!ことを伝えたく「自分のしたいこと!」そしてこれからは「経験のある自分だからこそ、できることをしたい!」と決意して今に至ります。

    そんな私が、
    その時に強く心に思ったことは

    「その辛さに寄り添いたい。
    でもマニュアル通りや強制的なことはしたくない。
    ゴールの見えない支援はしたくない」

    ということでした。

    私はこれまで、目先のダイエットというゴールからリバウンドされて悩まれている方をたくさん見てきましたし、私自身も経験してきました。みなさん、本当は幸せになりたくて努力しているはずなのに、いつしか辛さを繰り返しそこから抜け出せなくなっていました。

    これを解消していくためには、目先の減量というゴールを目指すことが、その先に本当に叶えたいと思っているゴールからは遠ざかってしまうのだということに気づいていただくこと。

    そして、ひとりひとり、自分にあった方法を取り入れていただくこと。

    迷い道ではなく、本当に叶えたいゴールに向かうための正しい道を作ってお伝えするしかないと思うようになっていったのでした。

    コーチをする上で、「みんな違ってみんないい」を私の中の最も大事なテーマにしながら、私は、本質的な「こころとカラダのメカニズム」を伝え、一人一人の「食」に継続的に寄り添うことができる「コーチング」に特化する栄養コーチになったのです。

    食べない、または極端な方法は
    その後に辛さが繰り返されることが
    約束されているようなもの

    これまで2年間で、30名以上の受講生のお悩みに一人一人に寄り添ってきましたが最も多いお悩みが

    「痩せたい気持ちがどうしても抜けなく、食が頭から離れない」
    「食べることが怖いけど、甘い物が食べたくて苦しい」
    「何をしても続かずに辛さの繰り返し」
    「こんな「食」に囚われている人生から抜け出したい」

    というものでした。

    そしてこのお悩みの根本的な原因は、間違った聞こえだけのよい方法をされてきているか、そもそも本質的な大切な事を理解していないまま頑張りつづけている、というのが大半だったのです。

    あなたが今、取り組まれていることは、なんでしょうか?

    糖質フリー食?

    極端な
    カロリー制限?

    これさえ食べれば
    OK的な方法?

    それもダイエットや健康情報の王道かもですが、
    まず大切なことは、あなたはそれを「一生」続けられますか?です。

    なぜなら「こころとカラダのメカニズム」は必要な栄養が極端に不足すると、それでも適応しようとします。でも、それだけの必要な栄養が制限により入ってこないので、暴走して感情だけではコントロールできなくなりやすいからです。

    なので続けられないのは、これらが要因なので、やめてしまえば元に戻る。いや、反動でもっとお悩み倍返しです。

    だからこそ大切なことは自分に合っていて、それが正しい理屈で、でも無理なく続けられることです。

    それは、一生もののブレない本当のダイエットができる!本当のブレない軸ができないダイエットはリバウンドが前提です。

    そして一度、ブレない軸ができて体質改善が築くことができると、目先だけのダイエットを追いかける必要がなくなります。

    そして、毎日辛く、がむしゃらに頑張るだけの食生活から解放されていきます。

    こころとカラダのメカニズムを知ること
    自分に合っていて続けられる方法をとること

    体質改善を維持していくためには、続けられる内容のお食事を楽しみながら正しく食べていく事が大切です。

    • ダイエットで一時は痩せるけどすぐリバウンドする。
    • 自分で食欲のコントロールができない。

    このような状態が続いていては、こころもカラダも不安定で、自分らしく食生活を送ることはできません。そのために必要なことが、「こころとカラダのメカニズムを知る」「自分にあっている続けられる方法」です。

    正しくこころとカラダの栄養の
    メカニズムを知り

    自分ができる、
    そして自分に合っていることで、

    挫折しない正しい方法で
    継続できることです。

    この3つが揃えば、一生ものの「こころとカラダの栄養ダイエット」ができて、その食に囚われている気持ちから抜け出すことが可能になります。

    BEFORE
    体重が激増!こころが折れて

    こちらは痩せることだけにコミットして、
    ダイエットでリバウンドを繰り返していた
    摂食障害時代の私です(20代68kg)

    AFTER
    体調も良くなって生きやすく

    30代の時にダイエットをやめてストレスフリー
    にていきながら、栄養を味方にして無理なく
    自然に健康的に20kg痩せて、その後20年間
    リバウンドもない現在の私です(50代48kg)

    こころとカラダのメカニズムを味方にして無理なく自然に体質改善ができてくると、

    自分に自信がもてる

    人付き合いが怖くなくなる

    やりたいことの意欲が
    増してくる

    食に囚われなくなって
    食を楽しめるようになる

    このようなことが次々と起こりました。

    さらにその後、仕事も充実し、人生の中で試練があっても乗り越えられるメンタルと体力もついていきました。体力、精神力が必要なデリケートな職務のケアマネージャーも12年間、やりきることもできました。幼少の時にいじめられ、兄の後ろにいつも隠れていた私がです。

    しかも、人間関係が上手くいかず苦手だった私ですが、気がついたら克服と同時に周りの方々が助けてくれるようになっていき、とても生きやすくなっていきました。

    そして気が付けば20年間、まったくリバウンドもなく体重は変わらず病気もありません。

    あなたにも自分の可能性を信じ、
    あきらめないで、
    今の辛さを克服してほしいと
    3ステップ動画プログラムを
    無料でお届けしています。

    15年間の摂食障害を克服。
    そして幸せ体質に体質改善。
    自分に合った方法で継続できるダイエットを
    成功させた管理栄養士が伝える

    一生ものの
    「こころカラダ栄養ダイエット」
    安心して食べるほど綺麗になる
    方法とは

    PROGRAM

    こころとカラダの栄養ダイエット
    3ステップ動画プログラムの内容

    摂食障害の方もできる
    PROGRAM
    01

    こころとカラダに元気信号を
    送り出すために必要なことは

    〇〇〇に栄養が満たされていること

    人は脳からの指令で代謝と機能をしています。脳内で「神経伝達物質」として
    活躍する脳内ホルモンがうまく作れないと、こころとカラダに不快感、
    不調などの影響をあたえてストレスを感じやすくなってしまう・・
    そこから過食やダイエット、そして拒食、そして過食、そしてまたダイエット・・・
    「脳内ホルモン」と「栄養」「不安」のメカニズムのお話しをさせていただいています。

    プログラム内容の一部

    • 私たちが生きているメカニズムの事実を受け止める
    • 私たちの思考を作り出す「脳内ホルモン」のバランスが明暗をわけている
    • こころとカラダの誤作動を引き起こしているもの
    • あなたの辛さを引き起こしている原因とこころの持っていき方
    • 安心感を保つことの重要性
    PROGRAM
    02

    栄養不足のこころとカラダを
    改善していくために
    意識してもらいたい栄養と食材は・・

    健康に必要な栄養素を含んだ食材はたくさんあります。
    そして、それらは脳細胞の栄養、その脳細胞からできる脳内ホルモンの指令で
    満腹感やカラダの筋肉、血液、組織を作り代謝や〇〇を作り出します。
    この世に食べていけないものはありません。極端なことをしなくても大丈夫!
    そして、その極端なことを続けていく事が、
    いろいろな不快感と不調をもたらしホルモンバランスを崩してしまいます。
    まずは、できることからスタートすれば、叶えたいことが叶っていきます。

    プログラム内容の一部

    • こころとカラダの二人三脚の重要性
    • 食材それぞれの栄養パワーのお話し
    • 栄養不足をできるところから改善する方法とは、
      その続けられるコツ
    • 腸内環境を整えるとことは、なぜ良いのか
    • 「食べたら綺麗になる」そのメカニズムとは
    PROGRAM
    03

    綺麗になるために栄養をとる!
    ただ痩せていればいい?
    痩せていたら人に好かれて、
    痩せさえすれば綺麗になれる?

    「カラダの〇〇は口から入る栄養でできている」この事実を受け止められると、
    食べ物を敵ではなく味方にしていくことができます。辛い気持ちのままの今の食生活が、
    あなたのこれら先にとっても良いことなのでしょうか?それとも変えていきたいことなのでしょうか?
    自分からのSOSに気づいてあげることが大切です。プログラム3では、その辛さの改善、克服のために
    こころとカラダに本当に必要なことをまとめながらお伝えしています。

    プログラム内容の一部

    • 栄養不足のこころとカラダでは「綺麗になれる」は難しい
    • メンタルに耐えうる栄養をあきらめずにできるところからとることの重要性と大切さ
    • ストレスがかかりすぎると、なぜいけないかのルーツを知る
    • 本当に望む健康的に痩せられる生活がおくれる、その方法とは

    自身も15年の摂食障害を克服し、
    20年間リバウンドなし。
    栄養を味方にすることで、
    ストレスを安心感に変えてきた
    経験から伝える

    痩せたい気持ちはそのままでいい
    「安心して食べるほど幸せ体質の私」
    に変われる方法とは?

    ※1分経過してもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダへ振り分けられているか、メールアドレス誤入力の可能性があります。

    ※携帯・スマホ等で「ドメイン設定」等をされている方は「@88auto.biz」を配信許可にご設定をしてから、ご登録をお願いします。

    BEFORE▶︎AFTER

    栄養コーチングを受講し、
    お悩み、不安、辛さから解放された方の
    ビフォー&アフターを
    同じ苦しまれている方に是非と
    ご提供いただきました。

    ペンネームK様(40代)

    ※写真の掲載は、クライアント様の
    許可をいただいております。
    同じように悩む方の少しでも勇気になればと
    ご協力くださっています。

    BEFORE(30kg以下)

    思春期の頃のダイエットから拒食になられて、その後、反動で過食に・・そして体重増の怖さから過食嘔吐になられて数十年、色々と克服のために頑張られておられましたが、目に見えての改善は見られなく「栄養を摂りたい!元気になりたい!普通の生活を送りたい!」と、栄養コーチングを受けてくださいました。

    AFTER(プラス8kg)

    1年コースを終えられて約2カ月後です。ご本人は栄養を味方にしてきた事で気持ち的にはとても穏やかに楽になられ、心配されていた体調面も回復されています。このお写真をいただいた時も「これからも、あきらめません。」と力強く笑顔で話されていました。何より、とても明るくなられています。ご本人は「足が太くなった!^^」とお話しでしたが、とっても健康的な美しい両脚になってきていますよね^^

    コーチング卒業後も幸せ体質のままに

    ※写真の掲載は、クライアント様の
    許可をいただいております。
    同じように悩む方の少しでも勇気になればと
    ご協力くださっています。

    わたしのコーチングを一年間受けてくださって、その後にカフェで久々にあった彼女は見違えるほど明るく元気で^^時間を忘れるほどお話しがはずみました。25年以上の辛かった症状がおさまり今、幸せをかみしめることができて嬉しいと語ってくれました。その笑顔に私も本当に嬉しく感無量で。あきらめそうな時に…辛い方のそばに私が寄り添えたら本当に幸いです。

    Y・Hさん
    (学生時代から20年以上の拒食傾向)

    ※写真の掲載は、クライアント様の
    許可をいただいております。
    同じように悩む方の少しでも勇気になればと
    ご協力くださっています。

    食障害は心の問題が大きいけれど、食べることからアプローチしていくことが私は早いと思いました。栄養が大事だということは頭ではわかっていたものの、なかなか食べることに抵抗があり、うまく食べれないことが多かったのですが、ふみさんのコーチングを受けさせて頂いて、それまでは、うまく食べれない自分が悪いと思っていましたが、それは私が弱いからではなく脳の栄養不足の仕業で、栄養をとっていけば、少しずつ食べることへの不安や恐れも軽減してくるというアドバイスをいただき、食べることを選択していこうと思えてきました。食べることは楽しいことだし、生きていくうえでは欠かせないことなのに、食べることに縛られている自分がとても苦しく何をしてても楽しいと思えずにきましたが、これからも食べることもプライベートも楽しんでいきたいと思います。食べることは味方!食べることは生きること!食べることは楽しいこと!確かにそうだと気づけたことを大切にしながら。

    また、受講内容はふみさんは栄養のいわゆる辞書です。言い方悪くてすみません。聞いたらなんでも返答が返ってくるんですよね。でも、ダメなものはない。そして、やりすぎ、やりなさすぎを続けてしまう事だけ気を付ければだから食べたらダメなものはないと教えてくださいました。

    摂食障害になってからは食べ物に以上にこだわるし、禁止する食べものが多くなっていて、食べる恐怖もあるので、自分の感覚がわからなくなっていたので安心できる一番の味方でした。無理やりでもなく、人としてみてくれるので、大きな心のよりどころでした。本当にご縁だったと思います。何よりも、友達のように気軽に何でも話せて型にはまってないところが、私はとても良かったです。

    Q&A

    なぜ今回無料で公開されたのですか?

    自分が栄養コーチを志した時に「食」が頭から離れなく辛い思いをされている方が、非常に多く、その心が少しでも軽くなって1歩を踏み出して欲しいと「食べ物(栄養)は敵ではなく味方!」ということをお伝えしたく無料で公開することにしました。

    どんな方に作られた動画ですか?摂食障害の方向けでしょうか?
    ダイエットだけでも意味がありますか?

    多くのダイエットコーチングでは摂食障害の方はお断りということを知りました。「本質の栄養は改善、克服のためには、どなたにも必要で不可欠」です。ただ、その叶えたいことのゴールに向けてのスタートラインが「正しく、自分に合っていて続けられること」ここがポイントになります。動画では、そこを丁寧にお話しさせていただいているので摂食障害またはその傾向、体調不調、うつ気味を改善、克服をしたい方、そしてダイエットを繰り返している方、正しいダイエットをされたい方、全て見ていただけたらうれしいです。

    スマホからでも動画視聴は可能ですか?

    はい!大丈夫です。登録後、1本ずつ解説とともに数日に分けて公開していきますので是非楽しみにしていてください。動画の長さは3本で約30分程度になります。

    ちょっとしたダイエットから摂食障害になり、そこから抜け出せずに繰り返しています。そんな私でも大丈夫ですか?

    どうして、そのダイエットをしたことで、その後に自分の意志ではコントロールできなくなってしまったのか。食の辛さにつながってしまったのかを動画ではお話しさせていただいています。是非、ご視聴していただけたらご自身の気づきになっていただけます。

    「食べ物」のことで頭がいっぱいで日常生活がまったく楽しくありません。栄養を味方にできたら、そういったことからも解放されるのでしょうか?

    「食べ物」は確かに生きるためには大事なことではありますが、そこに囚われてしまっては辛いだけですよね。栄養を自分の歩幅で味方にできたときに、こころとカラダのメカニズムがスムーズに機能していくので、その辛さから解放されていきます。

    今までのダイエットに成功して現在の体重には、そんなに不満はないのですが、体型や食べ物に対して、いつも見えない不安、恐怖があり、その事から拒食や過食を繰り返しています。そこから抜け出せますか?

    ダイエットの本当に意味は「心身ともに健康な状態になること」です。私の「こころとカラダの栄養ダイエット」は、そのこころの「不安・恐怖心」の引き金になっている栄養の不足も改善できていきますので、抜け出していけます。ただ、痩せていればいいは実は大きな落とし穴です。

    自分にとっての正しいダイエットがわからなく、目先の体重減をつい目指して失敗して繰り返しています。

    とてもお気持ちわかります。私もそうでした。それは一時は続けられても元に戻されたとき反動がでてしまい体重が増えて、またそれを戻そうとするを繰り返えす連鎖かと思います。それを抜け出すには自分にとっての続けられることで栄養を味方にすることでダイエットできる、こころとカラダのメカニズムになっていきます。

    体重は痩せるためにコントロールはできるものなのでしょうか?

    こころとカラダのメカニズムを知り、自分ができる、合っている、続けられることに気づかれればコンロトールというより自然に自分にとっての適正体重を保てます。

    食べることが大好きで、でも太ることが怖い。そんな私でも摂食障害のこともですが正しいダイエットができますか?

    はい!できます。私はこの世に食べてはいけないものは「ない」と思っています。こころとカラダのバランスを栄養で保てていければ食べることでこころとカラダが満たされれていくので恐怖心も軽減しますし、辛いことなどからも抜け出せて正しくダイエットができてきます。まずは、そのポイントをおさえたダイエットを知っていただきたいです。

    毎日、忙しい自分は今が手いっぱいで頑張れる自信がありません。でも、食事を不安なく食べていきたい。そんな思いなのですが。

    その答えは「食べ物を不安なく食べられるようになること」で解決してくと思います。そうすると、こころとカラダの代謝もよくなり、生活リズムも無理なく整ってきます。辛いまま、今をがんばり過ぎるのではなく、その辛いことから解放されるために、できるところからがポイントになりますので、今の状態よりも、その「手いっぱい感」は軽減していきます。それがこころとカラダの栄養ダイエットのポイントでもあります。

    急に太ってしまって、この先が不安で・・摂食障害までではないと思いますが、この栄養ダイエットは有効ですか?

    もちろんです。栄養ダイエットは「こころもカラダも健康な体重になること」ですので、太りすぎてしまっていると思われていることは、すでに心そのものが不安で健康でないことでもあるので、正しいダイエットで栄養を味方にすることにより健康的にリバウンドのない一生もの本当のダイエットができます。

    もう長年、過食嘔吐をしていますが、こんな私でも大丈夫ですか?

    摂食障害の方の多くは拒食から過食、そして過食嘔吐など長年の積み重ねになります。でも「あきらめない」気持ちを大切にされて、できるところから、できそうなことから少しづつ食事制限からなどによる「脳細胞の栄養不足」による誤作動指令を自身の歩幅で、少し時間はかかるかもしれませんがスタートラインに立たれれば、良い方向に向かっていくと自分の経験からも確信しています。

    何をしても痩せない!逆に太るのですが・・

    何か方法があっていないかもしれませんね。ダイエットはこころのバランスも大切ですので辛すぎたり無理をしすぎたり極端な方法では長続きしないで、そのリバウンドのように太り、それをまた痩せようとされて同じように繰り返しているとカラダはメカニズム的に太りやすい体質になっていきます。まずは、できるところから食生活を難しく考えずに見直されて無理のない範囲で自分にあっているダイエットをと思います。ただ、そこには偏りのない栄養が大切になります。

    頭ではわかっていても太るのが怖くて、ほとんど食べられていませんが、こんな私でも栄養は摂れていきますか?

    はい!まずは今、食べられているものを大切に、そこから食べれそうなものからスタートしていきましょう。これだけ今の世の中には「食」が満ち溢れています。逆にありすぎて迷うこともあるかもですが、その分、召し上がれるものも必ずありますので、その中から最大限に栄養が生かせるものからと思います。

    足らないと思う栄養を摂ればいいのですか?

    みなさんのこれまでの食生活の背景が大きくかかわりますので克服したい!健康になりたい!との思いと栄養の二人三脚で私は寄り添わせていただいています。その中で食生活を見直していくことで回復に必要な栄養が摂れていけば改善はします。ただ効果や回復時期は個人(性格も含む)差もあるので「栄養を摂れば」の限りではないのですが、必ずしも「それでいい」と言い切れませんが根本的な栄養が摂れていないと回復は難しいか、また戻ってしまう可能性はあります。

    ちょっとでも太りたくなく、私は痩せていたいのですが・・

    生命にかかわる痩せは、それが保てるまでの体重に戻すことは「生きる」為に必要なので、そのサポートをさせていただいています。ただ一般的なBMIや平均よりも低い体重でも、それが望まれることでしたら、体力が保たれるところまで体質改善をされてきたら私は、できるところまでのダイエットに寄り添わせていただいています。

    体型に自信がなく食事もちゃんとできない自分が嫌で、そしてイライラ感もいつもですが辛い気持ちが栄養で軽減していきますか?

    口から食べる食べ物で、思考回路に必要な細胞の栄養になり、こころとカラダも満たされてきます。必要な栄養を摂ることで改善されてきます。

    好き嫌いがたくさん、食べたくないものもありますが・・

    この世にはたくさんの食材があります!食べれるものから、食べたいものから必要な栄養をできるところからでも大丈夫です。

    何やっても長続きしないのですが、こんな私でも栄養ダイエットができますか?

    長続きしないということは、がんばろうとしても挫折していまうことなのだと思います。それは、あなたが悪いのではなく合っていなかったのではと私は思います。ご自身のできることで、それが無理やりでなく理解できていき、そしてひとつづつ、できていくことで自信を積み重ねていかれると挫折なく続けられていくと思います。

    ふみさんのブログをいつも拝見しています。ふみさんが日頃、意識されていることはありますか?

    私自身も栄養は味方で一生もののパートナー!と意識というか自然に考えています。ですので、みなさんにも、その素敵なパートナーと、これから先の幸せ体質を培っていただけたら本当に嬉しいです。

    ふみさんが「食」で最も大切にしていることはなんですか?

    「偏らないように、大切に食べたいもの、食べれるものを自分の歩幅で食べる!」これが自然にできていると、とても生きやすく毎日も充実して叶えたい未来への期待でどんどん膨らんでいきます。みなさんにも体感していただきたいという思いで栄養コーチをしています。

    ふみさんが栄養コーチをしていて嬉しかったことは何ですか?

    自分が、もっとも愛してやまない「栄養」を通して、みなさんに「ふみさんにコーチをしてもらって本当によかった!」と言っていただけることが幸せです。

    ふみさんにとって栄養コーチングの可能性とはなんですか?

    コーチングとはコーチとして、みなさんのゴールを目指してサポートする仕事です。ですので二人三脚で、辛さ、喜びを分かち合い、そして改善、克服して、その先の未来の可能性に自分の可能性とともに輝いていかれる!その姿を見させていただくことが栄養コーチングの可能性でもあります。本当に幸せです。それは、みなさん、それぞれのオンリーワンの可能性だとも思っています。

    痩せるだけのダイエットと栄養ダイエットの一番の違いは何ですか?

    こころとカラダは食べる(栄養をとる)ことで機能しています。必要な栄養が満たされて、はじめて正しいダイエットができてきます。これが「栄養ダイエット」です。この栄養が満たされていないと、一時は、その痩せたことに満足できたとしても、その反動は「かならず返ってくる」がこころとカラダのメカニズムにはあります。それがリバウンド、繰りかえしダイエットと一生ものの栄養ダイエットの違いだと思います。

    自身も15年の摂食障害を克服し、
    20年間リバウンドなし。
    栄養を味方にすることで、
    ストレスを安心感に変えてきた
    経験から伝える

    痩せたい気持ちはそのままでいい
    「安心して食べるほど幸せ体質の私」
    に変われる方法とは?

    ※1分経過してもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダへ振り分けられているか、メールアドレス誤入力の可能性があります。

    ※携帯・スマホ等で「ドメイン設定」等をされている方は「@88auto.biz」を配信許可にご設定をしてから、ご登録をお願いします。

    PROFILE

    摂食障害の方もできる
    こころとカラダの栄養ダイエット

    平野ふみ栄養コーチ

    自分の力で自立した女性になりたくて18歳で通学社員制度(企業に就職して会社の寮から通学する制度)を利用して千葉から上京。日中は栄養士養成の専門学校に通学、夕方から夜にレストランの厨房で調理員として毎日、勤務。そして2年後に卒業後、食品会社に就職。その後、実務経験で受験資格を得て国家試験にて管理栄養士を取得。

    それまでの間にダイエットを繰り返してはリバウンドするダイエット依存になり、摂食障害に10年以上苦しみ、20kg以上太り、拒食、過食嘔吐を繰り返していた。その原因のひとつには家庭環境があったように思います。

    でも、そんな自分に「負けたくない」という気持ちがあったことが私を支えてくれていました。そして自信につなげてくれたのが、この「管理栄養士」の資格でした。生きるために必要な「食・栄養」で本当の綺麗を手に入れたい!辛い気持ちのままではなく幸せな気持ちでいられる自分になりたい!食に囚われてしまう自分から抜け出したい!と自分自身の今までの経験と栄養の知識で気づけば20kgの減量、そして15年余り苦しんでいた摂食障害を克服して今では約20年間、体重は、そのまま変わらずに維持しています。(68kg→48kg)

    多くの食やダイエット、体調不調、摂食障害に苦しむ方々の力になりたい!自分もみなさんも「今、とっても幸せ!」と自信を持って心から思ってほしいとメッセージを送り続けられる存在でありたいと思っています。

    1969年生まれ。千葉県出身。2児の母。栄養専門学校卒業後、食品会社に入社。

    実務経験にて管理栄養士を取得。病院、介護支援施設(その間に介護支援専門員・主任介護支援専門員取得)を経て2019年に独立し「こころとカラダの栄養ダイエット」の主宰として、栄養コーチになる。

    「食べる事は、辛さやカロリーに縛られるものではなく食は本来は幸せを感じるもの!味方になるもの!そこには栄養があり、こころとカラダに寄り添ってあげるを大切に栄養コーチをしている。

    現在の職歴:森永乳業(株)にて栄養相談担当。その他大手企業栄養指導、介護支援専門員の保有資格を経験を活かし高齢者の健康教室など数多くの栄養サポートに携わっている。

    栄養の知識は一方通行ではなく、楽しく前向きに、そして続けられること、そしてブレない本当の綺麗を作るものと特に苦しい「食」の問題に寄り添う「摂食障害の方もできる」栄養コーチングを柱に活動している。

    独立して2年。お客様からは「今、とても幸せに思えるようになって食べることが楽しい」「マンツーマンで栄養だけでなく寄り添ってもらえたことで辛さから克服できた」「経験者で本当に痛みをわかってくれたことで自分が嫌いにならなくなった」と数多くの声が寄せられている。

    摂食障害の方もできる

    こころとカラダの栄養ダイエット